LOADING....

JAF
会員限定

毎日の暮らしに
もっと安心を

毎日の暮らしに安心を届けたい、
そんな思いから
「JAFの保険」は生まれました。

  • 親介護保険
  • がん保険
  • 医療保険
  • 生活習慣病保険
  • 傷害保険
  • 介護保険
  • 自転車保険

親介護保険
ご両親の介護資金に備えて

以下プランからお選びください

おすすめ

親介護保険

ご加入
年齢条件

(親)新規:84歳以下、継続89歳
(本人/配偶者)新規:69歳以下、継続74歳

月払
保険料例

2,040

※70歳の場合

POINT1
介護一時金は
最大500万円まで補償します!
POINT2
会員本人の
ご両親は84歳までご加入
でき、89歳まで補償が続きます!
POINT3
ご両親に代わって、会員ご本人が
ご加入手続きできます!

がん保険
がんに関わる費用をサポート

以下プランからお選びください

定期型がん保険
MSタイプ

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上69歳以下、
継続74歳

月払
保険料例

1,400

※50歳の場合

POINT1
必要な金額を選べる
がん診断保険金とがん入院保険金!
最大200万円一時金で補償します!
POINT2
上皮内新生物も100%補償!
POINT3
持病があっても加入できる
場合があります!
(詳しくは をご参照ください)

新発売

終身型がん保険

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上75歳以下

月払
保険料例

2,066

※20歳女性の場合

POINT1
保障は一生涯続きます。
保険料もずっと変わらないので安心です!
POINT2
最高100万円のがん診断一時金は
何度でも*受け取れるので、
再発時の治療費に備えられます!
(*1年に1回を限度)
POINT3
がんの3大治療「手術」
「抗がん剤治療」「放射線治療」を

受けた
月ごとにがん治療給付金

お支払いします!

保障充実

定期型がん保険
TMタイプ

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上69歳以下、継続75歳

月払
保険料例

1,620

※50歳の場合

POINT1
がん治療のための補償が充実!
POINT2
抗がん剤・通院補償も追加可能
POINT3
がん生活支援補償も追加可能

終身型保険と定期型保険の違い

  • 終身型保険(生命保険)

    保障は一生涯続き保険料は加入時の年齢による定額となります。年齢にかかわらず保険料がずっと変わらないため資金計画が立てやすくなります。なお、保険料が定期型保険と比べて高い傾向があります。

  • 定期型保険(損害保険)

    補償は1年毎の更新となります。(毎年自動更新のため、解約しない限りは保障(補償)は継続されます)そのため社会保険制度や医療事情の変化に対応しやすいことと、保険料が終身型保険と比較して安い傾向にあることがメリットとして挙げられます。なお保険料は加入時の年齢により異なり5歳刻みで変動します。保障(補償)を継続すると年齢が進むにつれて保険料が上昇するため、終身型保険と比べて一般的に高くなります。
    JAFの保険における定期型保険のうち、がん保険と医療保険は引受保険会社が異なるプランがあるため、便宜上「MSタイプ」:引受保険会社三井住友海上、「TMタイプ」:引受保険会社東京海上日動として区別しています。補償内容の違いはそれぞれの詳細説明ページをご確認ください。

医療保険
新型コロナウイルス感染症もサポート!

以下プランからお選びください

※新型コロナウイルス感染症の定義については
各商品のFAQにてご確認ください。

定期型医療保険
MSタイプ

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上69歳以下、
継続74歳

月払
保険料例

1,980

※50歳の場合

POINT1
疾病退院時一時金が支払われるので、退院後の治療や療養
対応可能!
POINT2
健康保険適用外となる先進医療に
かかる費用を1,000万円まで補償!
POINT3
持病があっても加入できる
場合があります!
(詳しくは をご参照ください)

新発売

終身型入院保険

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上75歳以下

月払
保険料例

1,986

※30歳女性の場合

POINT1
保障は一生涯続きます。
保険料もずっと変わらないので安心です!
POINT2
必要な保障を必要な分だけ、
会員様のライフスタイルや
ライフステージに合わせて、
ご選択することもできます!
POINT3
入院時や退院後の通院時の
一時金
をご準備できるので、
治療費以外の諸経費にも備えられます!

定期型医療保険
TMタイプ

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上69歳以下、継続75歳

月払
保険料例

1,670

※50歳の場合

POINT1
先進医療による治療は
通算1,000万円一時金
自己負担を軽減!
POINT2
女性のための補償を追加可能!
POINT3
要介護状態になった場合に一時金最高500万円まで
受け取れます。

新発売

終身型入院保険
【引受基準緩和型】

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上75歳以下

月払
保険料例

3,944

※30歳女性の場合

POINT1
保障は一生涯続きます。
保険料もずっと変わらないので安心です!
POINT2
かんたんな告知事項
お申込みできます。
(詳しくは をご参照ください)
POINT3
ご契約の1年目から
満額保障します!

終身型保険と定期型保険の違い

  • 終身型保険(生命保険)

    保障は一生涯続き保険料は加入時の年齢による定額となります。年齢にかかわらず保険料がずっと変わらないため資金計画が立てやすくなります。なお、保険料が定期型保険と比べて高い傾向があります。

  • 定期型保険(損害保険)

    補償は1年毎の更新となります。(毎年自動更新のため、解約しない限りは保障(補償)は継続されます)そのため社会保険制度や医療事情の変化に対応しやすいことと、保険料が終身型保険と比較して安い傾向にあることがメリットとして挙げられます。なお保険料は加入時の年齢により異なり5歳刻みで変動します。保障(補償)を継続すると年齢が進むにつれて保険料が上昇するため、終身型保険と比べて一般的に高くなります。
    JAFの保険における定期型保険のうち、がん保険と医療保険は引受保険会社が異なるプランがあるため、便宜上「MSタイプ」:引受保険会社三井住友海上、「TMタイプ」:引受保険会社東京海上日動として区別しています。補償内容の違いはそれぞれの詳細説明ページをご確認ください。

生活習慣病保険
7つの生活習慣病を一生涯カバー

以下プランからお選びください

おすすめ

終身型
生活習慣病保険

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上75歳以下

月払
保険料例

1,316

※40歳女性の場合

POINT1
保障は一生涯続きます。
保険料もずっと変わらないので安心です!
POINT2
生活習慣病に対する一時金は
回数無制限*で
受け取れます!

(*がん・6大疾病ごとにそれぞれ1年に1回限度)
POINT3
一時金(最大200万円)の保障だけを申込みできるため、
無駄なく、既にご加入の
医療保険への上乗せとして
最適
です。

終身型保険と定期型保険の違い

  • 終身型保険(生命保険)

    保障は一生涯続き保険料は加入時の年齢による定額となります。年齢にかかわらず保険料がずっと変わらないため資金計画が立てやすくなります。なお、保険料が定期型保険と比べて高い傾向があります。

  • 定期型保険(損害保険)

    補償は1年毎の更新となります。(毎年自動更新のため、解約しない限りは保障(補償)は継続されます)そのため社会保険制度や医療事情の変化に対応しやすいことと、保険料が終身型保険と比較して安い傾向にあることがメリットとして挙げられます。なお保険料は加入時の年齢により異なり5歳刻みで変動します。保障(補償)を継続すると年齢が進むにつれて保険料が上昇するため、終身型保険と比べて一般的に高くなります。
    JAFの保険における定期型保険のうち、がん保険と医療保険は引受保険会社が異なるプランがあるため、便宜上「MSタイプ」:引受保険会社三井住友海上、「TMタイプ」:引受保険会社東京海上日動として区別しています。補償内容の違いはそれぞれの詳細説明ページをご確認ください。

傷害保険
皆様の日常生活を守る

以下プランからお選びください

傷害保険

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上69歳以下、
継続74歳

月払
保険料例

1,840

※ご本人プランの場合

POINT1
地震・噴火またはこれらに
よる津波によるケガ

日常生活中のケガを補償!
POINT2
国内はもちろん、海外滞在中での
持ち物の破損や盗難等にも
対応!
POINT3
万一の高額な賠償責任も3億円まで補償するので
自転車による賠償事故にも
備えられます!

介護保険
最後まで自分らしく暮らせるように

以下プランからお選びください

介護保険

ご加入
年齢条件

新規:20歳以上74歳以下、
継続79歳

月払
保険料例

370

※50歳の場合

POINT1
要介護2相当で一時金最高
500万円
を一括受取り。
現金支給により公的介護保険では
補償されない介護の初期費用をカバー!
POINT2
公的介護保険の受給対象外の
若い世代も加入できます。
POINT3
手続きかんたん!
加入は健康に関する質問に回答するだけ!

自転車保険
只今準備中です。
しばらくお待ち下さい。

必要な健康状態の告知

以下の健康状態告知で「はい」の方はご加入できません。

  • 質問1
    過去2年以内に、病気により医師の手術を受けたこと、または入院したことがありますか?
  • 質問2
    これまでに、医師に悪性新生物(がん)と診断されたことがありますか?(注)
    • (注)上皮内新生物を含みます。
  • 質問3
    現在、歩行、寝返り、立ち上がり、入浴、排せつ、食事および衣類の着脱のいずれかの行為の際に、他人の介護が必要ですか?また、公的介護保険制度において、要介護認定申請をしたことがありますか?

親介護保険(MSタイプ)の補償内容例

介護一時金 100万円
傷害入院保険金
支払限度日数180日
日額 1,000円

必要な健康状態の告知

以下の健康状態告知で「はい」の方はご加入できません。

  • 質問1
    過去2年以内に、病気により、医師による手術を受けたこと、または入院したことがありますか?
  • 質問2
    これまでに、医師に悪性新生物(上皮内新生物を含む)と診断されたことはありますか?

定期型がん保険(MSタイプ)の補償内容

がん診断保険金(上皮内がん100%支払) 50万円
がん入院保険金
支払限度日数:1095日
支払対象期間:1095日
日額 5,000円
がん手術保険金 入院中 5万円
入院中以外 2.5万円
がん疾病放射線治療保険金 5万円
がん通院保険金
支払限度日数:30日
支払対象期間:180日
日額 2,500円
がん退院時一時金 5万円

必要な健康状態等の告知

以下の健康状態の告知などによってはご契約のお引き受けをお断りする場合や
特別条件をつけてご契約をお引き受けする場合があります。

  • 質問1
    今までに、がん(悪性新生物、肉腫、白血病、上皮内がんを含みます)にかかったことがありますか。
    (上皮内がんには、子宮けい部高度異形成、CIN3を含みます)
  • 質問2
    上記1(がん)以外で、過去5年以内に、下記「別表」の病気で、1回以上、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか。

お引き受けできない主なケース

過去5年以内に、以下のいずれかの病気で、1回以上、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがある場合
狭心症、心筋梗塞、心筋症、弁膜症、肝硬変、慢性腎炎、ネフローゼ、慢性腎不全、脳出血、脳梗塞、統合失調症、アルコール依存症

別表

高血圧症、糖尿病、ぜんそく、認知症、アルツハイマー病、軽度認知障がい
白内障、緑内障、網膜色素変性症、網膜症
心臓 狭心症、心筋梗塞、心筋症、弁膜症、心房細動
肝臓 肝硬変、肝炎、肝炎ウイルスキャリア、肝障がい
腎臓 腎不全、腎炎、腎症、ネフローゼ
脳卒中 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血
精神・神経 てんかん、知的障がい、統合失調症、自律神経失調症、うつ病、パニック障がい、不安障がい、アルコール依存症
その他 変形性関節症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア(首・腰)、リウマチ、不妊症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮けい部中等度異形成(CIN2)
  • 質問3
    上記1(がん)、2(別表の病気)以外の病気やけがで、過去5年以内に「入院」「手術」または「7日以上の期間にわたる医師の診察・検査・治療」「7日分以上の投薬」をうけたことがありますか。
    • ※「入院」には異常妊娠・異常分娩の場合を含み、正常分娩による入院は含みません。
    • ※「手術」には内視鏡下手術・血管カテーテル手術・帝王切開を含みます。
  • 質問4
    上記1(がん)、2(別表の病気)、3(5年以内の病気・けが)以外の病気やけがで、最近3か月以内に、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか。
    • ※「検査」には、健康診断や人間ドックでの検査を含みません。
  • 質問5
    過去2年以内にうけた健康診断・人間ドックの結果票上で、下記「別表」の臓器や検査項目の異常を指摘されたことがありますか。
    • ※「検査項目の異常」とは、要再検査・要精密検査・要治療等をさし、要経過観察は含みません。

別表

臓器 脳、眼、甲状腺、肺、心臓、大動脈、リンパ節、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、腎臓、肝臓、胆のう、すい臓、乳房、卵巣、子宮、前立腺
検査項目 診察、血圧測定、尿検査、便潜血、血液検査、眼底検査、細胞診、組織診、心電図検査、呼吸機能検査、内視鏡検査、超音波検査、X線検査、CT検査、MRI検査、PET検査
  • 質問6
    現在、視力(矯正しても左右いずれかの視力が0.3以下の場合をいいます)・聴力・言語・そしゃく機能に障がいがありますか。または、手・足・指・関節・背骨(脊柱)について欠損・変形もしくは機能の障がいがありますか。
  • 質問7
    今までに、身体障害者手帳の交付をうけたことがありますか。または、現在、身体障害者手帳を申請中ですか。
  • 質問8
    (満40歳以上の方のみ、お答えください)
    今までに、公的介護保険制度の要介護・要支援の認定をうけたことがありますか。
    または、現在公的介護保険の申請中ですか。
  • 質問9
    (女性の方はお答えください(満18歳以上))
    現在、妊娠していますか。
  • 質問10
    現在の身長、体重をお答えください。

終身型がん保険の保障内容例

がん診断一時金(上皮内新生物100%支払) 50万円
がん治療給付金 月額 5万円
入院給付金(入院Ⅱ型) 日額 5,000円
手術給付金・放射線治療給付金 なし
先進医療給付金 1回最大450万円・通算2,000万円
(先進医療にかかる技術料と同額)
先進医療見舞金 1回最大45万円・通算200万円
(先進医療給付金の10%相当額)
  • ●月払クレジットカード料率
  • ●保険期間・保険料払込期間:終身・終身払込
  • ●保険料払込免除特則:非適用
  • ※終身型がん保険では入院一時金(医療費充当給付金)は選択できません。

必要な健康状態の告知

以下の健康状態告知で「はい」の方はご加入できません。

  • 質問1
    今までに「がん」または「上⽪内がん」と医師に診断されたことがありますか。(注)
    • (注)「がん」または「上⽪内がん」に含めて告知いただきたい病気の例
がん 悪性新⽣物、癌、悪性しゅよう、肉腫、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫
上⽪内がん 上⽪内新⽣物、上⽪内癌、CIS、CIN3、子宮頚部の⾼度異形成
  • 質問2
    告知日(ご⼊⼒日)より過去3か⽉以内に、医師の診察を受けた結果、服薬・治療・検査・⼊院・手術を受けたこと、またはすすめられたことがありますか。
    告知日(ご⼊⼒日)より過去2年以内に、以下のいずれかに該当したことがありますか。

    1.健康診断・⼈間ドックを受けた結果、臓器もしくは検査結果の異常(要治療・要精密検査・1年以内の要再検査をいいます。)を指摘されたこと
    2.医師の診察の結果、定期的な診察・検査を受けるよう指摘されたこと

    告知日(ご⼊⼒日)より過去5年以内に、病気やケガで「継続して7日以上」の⼊院をしたこと、または手術を受けたりすすめられたことがありますか。
    • (注)⼀部の「病気・ケガ」については告知の対象外となります。詳しくは下記の <がん補償告知の対象とならない病気・ケガ⼀覧>をクリックしてご確認ください。

がん補償告知の対象とならない病気・ケガ⼀覧

別表 告知の対象とならない病気・ケガ⼀覧
消化器・口腔の病気等 そけいヘルニア・痔・⾍垂炎(盲腸)・慢性便秘・口内炎・⾆炎・手術をしていない胆⽯症・A型肝炎(A型と確定できているものに限ります)(*1)・胃炎(*1)・胃カタル(*1)・胃酸過多(*1)・急性腸炎(*1)・急性⼤腸炎(*1)・胃潰瘍(*2)・十二指腸潰瘍(*2)
呼吸器の病気等 ぜんそく・急性気管⽀炎・急性咽頭炎・急性へんとう炎・慢性へんとう炎・へんとう肥⼤・アデノイド・上気道炎・副鼻腔炎(ちくのう症)・鼻炎・花粉症
運動器の病気等 関節炎・四十肩・五十肩・ガングリオン・腱鞘炎・脊柱側弯症・先天性股関節脱臼・オスグット病・変形性関節症・後縦靭帯骨化症・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・腰椎分離症
代謝・免疫の病気等 糖尿病・痛風・⾼尿酸血症・脂質異常症(⾼脂血症)・関節リウマチ・急性リウマチ熱(*1)
目・耳の病気等 トラコーマ・結膜炎・角膜炎・白内障・外耳炎・急性中耳炎
循環器の病気等 不整脈・⼼房細動・期外収縮・徐脈・頻脈・⼼雑⾳・狭⼼症・⼼筋梗塞・⼼臓弁膜症・⼼肥⼤・⾼血圧症
泌尿・⽣殖器の病気等 遊⾛腎・腎下垂・尿管結⽯・腎臓結⽯・膀胱結⽯・尿道結⽯・膀胱炎・尿道炎・腎のう胞(*3)
⽪膚の病気等 水⾍・いんきん・たむし・白せん・たこ・わきが・うおのめ・いぼ・あせも・にきび・しもやけ・とびひ・湿疹・接触⽪膚炎・アトピー性⽪膚炎・じんましん・帯状疱疹・ヘルペス
⼥性の病気等 妊娠・子宮外妊娠・子宮下垂・子宮脱・妊娠中毒症・悪阻・産じょく熱・前置胎盤・胎盤早期剥離・死産・切迫早産・切迫流産・早産・流産・帝王切開・不妊症・更年期障害
感染症・寄⽣⾍病 インフルエンザ・かぜ・水ぼうそう・風しん・はしか・回⾍・ぎょう⾍症
ケガ 全てのケガ(ただし、外傷が原因と特定できる場合に限ります)
  • (*1)治療内容に関係なく現在完治している場合に限り、告知の対象外となります。
  • (*2)⼊院・手術を⾏わずに治療し、現在完治している場合に限り、告知の対象外となります。
  • (*3)健康診断・⼈間ドックによって発⾒されたもので、要治療との指摘を受けていないものに限り、告知の対象外となります。

定期型がん保険(TMタイプ)の補償内容

がん診断保険金
(上皮内がん100%補償)
100万円
がん入院保険金 日額 7,500円
がん手術保険金 7.5万円・15万円・30万円
がん通院保険金 日額
がん通院保険金の補償拡大特約
-
抗がん剤治療保険金 -

必要な健康状態の告知

以下の健康状態告知で「はい」の方はご加入できません。

  • 質問1
    過去2年以内に、病気により、医師による手術を受けたこと、または入院したことがありますか?
  • 質問2
    これまでに、医師に悪性新生物(上皮内新生物を含む)と診断されたことはありますか?

定期型医療保険(MSタイプ)の補償内容

疾病入院保険金 日額
支払限度日数:180日
支払対象期間:1095日
5,000円
疾病手術保険金 入院中 5万円
入院中以外 2.5万円
疾病退院時一時保険金 10万円
疾病放射線治療保険金 5万円
先進医療費用保険金額 1,000万円

終身型入院保険の保障内容例

入院給付金(入院Ⅱ型) 日額 5,000円
手術給付金・放射線治療給付金 なし
入院一時金(医療費充当給付金) 5万円
通院時お見舞金(通院一時金) 5万円
先進医療給付金 1回最大450万円・通算2,000万円
(先進医療にかかる技術料と同額)
先進医療見舞金 1回最大45万円・通算200万円
(先進医療給付金の10%相当額)
  • ●月払クレジットカード料率
  • ●保険期間・保険料払込期間:終身・終身払込
  • ●保険料払込免除特則:非適用

必要な健康状態の告知

以下の健康状態等の告知、質問1および質問2で「はい」の場合、ご加入できません。

  • 質問1
    告知日(ご入力日)現在、病気やケガで入院中、または入院か手術をすすめられていますか。
  • 質問2
    告知日(ご入力日)より過去1年以内に病気で、継続して10日以上の入院をしたことがありますか。

定期型医療保険(TMタイプ)の補償内容

疾病入院保険金 日額 5,000円
疾病手術保険金 入院あり 5万円
入院なし 2.5万円
放射線治療保険金 5万円
総合先進医療 基本保険金 1,000万円
総合先進医療 一時金 10万円
女性入院保険金 日額 -
女性形成治療保険金 -

必要な健康状態等の告知

以下の質問1・2の告知事項が「いいえ」の場合にお申込みできます。
2が「はい」に該当した場合でも、3の告知事項が「なし」の場合にお申込みできます。
なお、1の告知事項が「はい」、3の告知事項が「あり」の場合、ご契約をお引き受けできません。

  • 質問1
    最近3か月以内に、医師・歯科医師から、入院(※1)、手術(※2)、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)をすすめられたことがありますか。
    または、最近3か月以内に医師・歯科医師から、入院(※1)、手術(※2)、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)の説明をうけたことがありますか。
    • ※1 病院または診療所への入院(検査入院、糖尿病の教育入院、日帰り入院、異常妊娠・異常分娩(切迫流産・切迫早産を含む)による入院、柔道整復師の指示による入院も該当)。ただし、正常分娩による入院、健康診断や人間ドックによる入院は含みません。
    • ※2 開頭術、開胸術、開腹術、内視鏡下手術、血管カテーテル手術、帝王切開術、皮膚縫合術、レーザー光線による手術など、「○○手術」「○○術」などの名称で呼ばれるもの(白内障の手術や大腸ポリープの手術などの軽微な手術、日帰り手術、健康保険対象外の「自費で行う」手術も該当)。ただし、角膜屈折矯正手術(レーシック)、歯科インプラント手術、抜歯手術は含みません。
  • 質問2
    過去1年以内に、入院(※1)をしたこと、または、手術(※2)、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)をうけたことがありますか。
    • ※1 病院または診療所への入院(検査入院、糖尿病の教育入院、日帰り入院、異常妊娠・異常分娩(切迫流産・切迫早産を含む)による入院、柔道整復師の指示による入院も該当)。ただし、正常分娩による入院、健康診断や人間ドックによる入院は含みません。
    • ※2 開頭術、開胸術、開腹術、内視鏡下手術、血管カテーテル手術、帝王切開術、皮膚縫合術、レーザー光線による手術など、「○○手術」「○○術」などの名称で呼ばれるもの(白内障の手術や大腸ポリープの手術などの軽微な手術、日帰り手術、健康保険対象外の「自費で行う」手術も該当)。ただし、角膜屈折矯正手術(レーシック)、歯科インプラント手術、抜歯手術は含みません。
  • 質問3
    過去1年以内の入院または手術、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)は、下〈別表〉の傷病・手術によるもの以外にありますか。

別表

あ行 アキレス腱断裂、インフルエンザ、会陰切開
か行 風邪、ガングリオン、かんし娩出術<かんし分娩>、気胸、吸引娩出術<吸引分娩>、急性へんとう炎、急性へんとう腺炎、虚血性大腸炎、憩室炎、けい椎症(手術済の場合)、肛門周囲のう瘍(手術済の場合)、骨髄移植のための骨髄採取術(ドナー)、骨折(手足の骨折で手術をしていない場合、または将来抜ていを要する金属が現在入っていない場合)
さ行 子宮外妊娠、子宮筋腫(手術済の場合)、子宮けい管ポリープ(手術済の場合)、子宮腺筋症(手術済の場合)、子宮内膜症(手術済の場合)、子宮内膜ポリープ(手術済の場合)、手根管症候群(手術済の場合)、痔(手術済の場合)、痔ろう(手術済の場合)、睡眠時無呼吸症候群、脊椎すべり症(手術済の場合)、前立腺炎、前立腺肥大症(手術済の場合)、臓器提供のための手術(肝臓または腎臓)、そけいヘルニア(手術済の場合)
た行 胆のう炎(手術済の場合)、胆のうポリープ(手術済の場合)、蓄のう症(手術済の場合)、虫垂炎<盲腸>、椎間板ヘルニア(手術済の場合)
な行 日射病、熱中症
は行 白内障(両眼とも手術済の場合)、鼻たけ(手術済の場合)、半月板損傷、副鼻くう炎(手術済の場合)
ま行 マイコプラズマ肺炎、マロリーワイス症候群、慢性へんとう炎(手術済の場合)
ら行 卵巣チョコレートのう胞(手術済の場合)、卵巣のう腫(手術済の場合)

終身型入院保険(引受基準緩和型)の保障内容例

入院給付金 日額 5,000円
手術給付金・放射線治療給付金 なし
入院一時金(医療費充当給付金) 5万円
先進医療給付金 通算2,000万円
(先進医療にかかる技術料と同額)
先進医療見舞金 通算200万円
(先進医療給付金の10%相当額)
  • ●月払クレジットカード料率
  • ●保険期間・保険料払込期間:終身・終身払込

終身型生活習慣病保険の保障内容例

7大疾病一時金(がん) 50万円
7大疾病一時金(6大疾病) 12.5万円
先進医療給付金 1回最大450万円・通算2,000万円
(先進医療にかかる技術料と同額)
先進医療見舞金 1回最大45万円・通算200万円
(先進医療給付金の10%相当額)
  • ●月払クレジットカード料率
  • ●保険期間・保険料払込期間:終身・終身払込
  • ●保険料払込免除特則:非適用

傷害保険(MSタイプ)の補償内容例

傷害入院保険金 日額
支払限度日数:180日
支払対象期間:1095日
5,000円
傷害手術保険金 入院中 5万円
入院中以外 2.5万円
傷害通院保険金 日額
支払限度日数:90日
支払対象期間:180日
3,000円
日常生活賠償保険金額 3億円
携行品損害保険金額
(免責金額3,000円)
30万円

必要な健康状態の告知

以下の健康状態告知で「はい」の方はご加入できません。

  • 質問1
    公的介護保険の要介護・要支援の認定を受けたこと、または認定の申請をしたことはありますか?
    現在「歩行」「食事」「排せつ」「入浴」「衣服の着脱」「店での買い物」「公共の交通機関を利用しての外出」のいずれかにおいて、他の方の介助または補助具を必要としますか?
  • 質問2
    告知日(ご回答日)より過去2年以内に高血圧症もしくは脂質異常症(高脂血症)により入院をしたこと、以下の「お引受けできない病気・症状一覧」の病気・症状であると医師に診断されたこと、または下記一覧の病気・症状のため医師の指示による検査(注)・治療(投薬の指示を含みます)を受けたことはありますか?
    • (注)検査結果が異状なしだった場合は「なし」となります。

お引受けできない病気・症状一覧を確認する

●がん(悪性新生物、癌、悪性しゅよう、肉腫、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫を含み、上皮内がん(上皮内新生物、上皮内癌、CIS、CIN3、子宮頚部の高度異形成を含む)を除く)
●心臓病(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、心室細動、心不全、心筋炎、心筋症、心肥大、弁膜症を含む)
●脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳血栓、脳塞栓を含む)
●肝硬変
●慢性肝炎●慢性気管支炎●肺気腫●慢性腎炎●腎不全
●糖尿病(高血糖・糖尿病の合併症を含む)
●白内障(手術を行った場合を除く)●緑内障
●両眼の失明●加齢黄斑変性症
●精神の病気(アルコール・薬物依存を含む)
●脳・神経の病気(アルコール・薬物依存を含む)
●認知症(アルツハイマー病を含む)
●膠原病(全身性エリテマトーデス、リウマチ、皮膚筋炎、強皮症、多発性動脈炎を含む)
●(骨折歴を伴う)骨粗しょう症
●関節炎(リウマチ性、変形性)
●厚生労働省指定の難病(指定難病に対する医療受給者証の交付を受けている方)
●転倒による骨折※転倒による骨折とは、例えば歩行中や階段の昇り降りにおいてご自身で転倒したものを指します。

  • *1つでも該当する場合はお申込みいただけません。

介護保険(TMタイプ)の補償内容例

介護一時金要介護2相当 500万円